部分別!痩身法の種類やメリット・デメリット

ウルトラアクセントは全身に使える!

ウルトラアクセントという方法は、「ハンドピース」と呼ばれる医療用の超音波器具から放出される音波を患者の痩せたい部分に当てることで痩身を図ります。この器具から放出される超音波は、脂肪細胞にのみ反応をするので、血管や神経などは傷つけません。また脂肪細胞の数を減らすことができるので、術後のリバウンドの可能性が低いです。この施術方法は、ハンドピースの大きさを変えれば、体だけでなく顔にも使うことが可能なので、小顔効果なども期待できます。

頑固なセルライトを除去する方法

痩身法の中には、脂肪に直接アプローチをするだけでなく、セルロースへ効果がある方法に「キャビテーション」というものがあります。この方法は、ダイエットやマッサージなどでなかなか落ちないセルライト除去に効果があります。痩せたい部分に器具をあてることで脂肪細胞膜を破壊し、セルライトを溶解することができます。メスを使わないため患者の負担が少ない点がメリットですが、脂肪吸引法に比べて効果が薄いことがあるので、大幅に痩せたい人には向いていません。

筋肉太りにはこの方法!

筋肉がつきすぎてしまったせいで太くなったふくらはぎや太もも部分には、「ボトックス注射」が適しています。この方法は、シワやたるみ、エラ部分に使うこともある方法です。ボトックス注射をすることによって、筋肉を萎縮させ部分痩せをします。メスを使わない方法のため、傷跡ができることがないので安心出来る治療法です。しかし、この方法は半永久的な効果は得られないため、定期的に施術し直さなくてはなりません。個人差がありますが、継続期間は約半年ほどといわれています。

恵比寿の美容外科を受診するときには、一人一人に合った治療メニューを組み合わせるのがポイントです。医療用レーザーによる脱毛やプチ整形は、特に人気のある治療内容です。