実は間違ってた!?美容液の効果的な使い方とは

美容液ってなんのためにあるの?

スキンケアアイテムには色々ありすぎて選べないとお悩みの経験はないでしょうか。基礎化粧品といえば、化粧水や乳液、美容液、クリームなどがあります。その中でも美容液の役割は「化粧水の役割をプラスアルファにしてくれる働きを持つもの」です。主に美容液には、有効成分が化粧水よりも多く含まれており、例えば美白や保湿・アンチエイジングなどお悩みごとに沿ったケアをすることができます。したがって、自分の肌のお悩みと肌質に合うように選ぶことがポイントとなります。

たくさんある美容液。どんな種類のものがあるの?

美容液は、目的に応じて種類も豊富に存在しています。その中でもポピュラーなものは「保湿用美容液」になります。乾燥肌の方はもちろんのこと、部分的に乾燥しやすいところである口元や目元などに使うこともできます。その他に、美白用美容液・シミ対策美容液・化粧下地兼用美容液などがあります。特に美白用のものはビタミンC誘導体配合のものやアルブチンなどが含まれたものを選ぶことをオススメします。アンチエイジングを希望する場合には、コラーゲンやプラセンタを配合されているものがよいでしょう。

もっと効果的な美容液の使い方は?

基礎化粧品は、毎日きちんと使うことが何よりも大切です。しかし、そのスキンケアアイテムの効果を更に上げる方法があります。それは、朝と夜で使い分けることです。例えば、朝の洗顔後には化粧下地兼用の美容液などを使い、メイク崩れやメイクのノリを良くする効果のあるものを使います。さらに紫外線予防も行なえるものも多いです。夜の洗顔後には、美白成分の配合された美容液を使い分けることで、お肌の再生を促進させるといった効果を期待できます。

美容液の成分は、それぞれの商品の効能に左右されることがありますが、各商品の安全性や即効性に目を向けることが良いでしょう。