こんなにあった!目元の美容整形の種類とメリット・デメリット

二重埋没法のメリット・デメリット

目元の美容整形法の中で、二重まぶたにする方法を思う人も多いのではないでしょうか。二重整形の中でポピュラーな方法のひとつに「二重埋没法」があります。この方法は、まぶたの粘膜をとても細い医療用のナイロンの糸で数箇所縫いつけることで二重のラインを作ることができます。メスを使わないで行なう施術方法なので、短時間で終わることと、ダウンタイムが短いため患者への負担が少ないという点があります。しかしデメリットとして、効果は永久的ではないという点が挙げられます。

たれ目にする美容整形手術とは?

目元の美容整形には、二重にする以外にも垂れ目にすることを目的とした方法もあります。この方法を「下眼瞼下制術」または「下眼瞼拡大術」と呼びます。この方法は、きつい顔の印象に見えてしまう人を優しい印象に変えたいといった希望をお持ちの方や、目が小さいことでお悩みの方に適している方法になります。デメリットは、ダウンタイムが1週間から2週間ほどあるので、その間はメガネをしたり傷跡が目立たないようにする必要があります。

蒙古ひだ形成にはどんな効果があるの?

蒙古ひだ形成は、目頭部分を覆っているヒダを新しく作りかえることで、目の印象を変える事ができる施術方法になります。この方法は、生まれつき蒙古ヒダのない事でお悩みの方や、寄り目を改善したいといった希望をお持ちの方に選ばれています。なおこの方法は、目頭切開法によって失敗した場合の修正手術としても用いられることがあります。デメリットは、ダウンタイムの間や腫れや痛みがある場合にはメイクをする事ができないという点です。

小陰唇縮小の手術の事例をチェックすることで、なるべく身体的な負担の軽い施術のポイントをマスターすることが可能です。